ゴルフスイングは基本が重要

ゴルフスイングはボールをより遠くへ、より正確に飛ばすというふたつの目的を同時に果たさなくてはいけないというところが難しいと思います。ゴルフスイングの理想は「毎回同じスイングができる」ことです。状況やクラブが変わっても、毎回同じスイングができれば、ボールを正確に飛ばすことが可能です。ただ、現実的には毎回同じようにスイングをすることはメンタル的に言っても難しいことです。


練習場で素振りをしている時は基本的に毎回同じ軌道でスイングできているのに、コースに出た途端、自分のスイングが一定ではなくなってしまうということがあります。それは、ボールに当てにいくスイングをしているからでしょう。つまり、素振りのときはボール(目標物)がないため常に自分のスイングができるのですが、意識が目標物にいくことで、無意識の内に目標物にあわせるようなスイングをしてしまっている、という状態になってしまうのです。

ゴルフコースに出ると、ティーグラウンド以外は平らな位置でスタンスをとることができないと思っていた方が確実です。普段から前下がり、後下がりといったスタンスを想定して練習した方がスコアアップに繋がるでしょう。

このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

リンク集
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。