ゴルフスイングの基本

ゴルフスイングの基本について簡単な説明をさせていただきます。人間の体の自然な動きの中から、ボールをより遠くへ、より正確に飛ばすための要素をまとめたものがスイングモーション(一連の動作)です。

ゴルフスイングは難しいものです、と言われると納得してしまう人が多いと思います。プロゴルファーのスイングを動画に記録して何度も見返したり、ゴルフスイング理論の本を読んだりしてゴルフスイングの基本イメージを頭に焼き付けておこうと考えるのは自然なことだと思います。

アドレスとはゴルフで、スタンスをとり、クラブをかまえて打つ姿勢をとることをいいます。ゴルフスイングアドレスから始まります。

スイングモーションは、体の動きと腕の動きの2つがあります。さらに、体の動きはショルダーターン(肩の回転)とウエイトシフト(体重移動)に、腕の動きはフォーアームローテーション(前腕の回転)とヒンジング(肘の折り畳み)に分けられますが、ここまで聴いていると頭の中が混乱してきます。

ショルダーターンとは肩の回転を言い、バックスイングでは右に、フォワードスイングでは左に肩を回転させます。肩と背骨のラインが作るTの字を崩さずに回転させるのが正しいゴルフスイングの基本です。

以上のようにたった一回のスイングにもたくさんの要素が含まれているんです。こういったことは頭で考えながらスイングしても上達しないようです。しっかりと体に覚えこませるということが重要です。
このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

リンク集
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。