ゴルフボールの試し打ち?

■ゴルフボールの比較テスト

ラウンド試打したボールは、2種類。

ツアーステージX-01R4(以下X-01R4)は4ピース構造のスピン系ボ
ール、一方のスーパーニューイングLS330(以下LS330)は、ボール
です。

みんな同じボールを打つので、自分で分かりやすいようにマークを
書きましたLS330は打感が柔らかい感じでした。

ボールよりも表面がツルツルしていて、耐久性が高いようです。

私はブリヂストンスポーツのボールでは、かなり前から「レイグラ

ンデWF」を愛用しておりまして、なぜかというとほかのボールより

飛ぶような気がするからなんです。

この試打会の私なりのテーマは、「X-01R4とLS330はWFを超えたか
?」です。

ボールですから比較するのも変な話ですが、要は「WFから替えるか
替えないか」という、問題です。

ボールはX-01R4とLS330に他社製のスピン系ボールと他社製ディス
タンス系ボールの計4種類です。

結果からいいますと、ボールの中で飛んだのはX-01R4(237.7ヤー
ド)で、飛ばなかったのはLS330(224.8ヤード)。

私が打っているのでヘッドスピードは一定ではありません(43.7〜
45.1m/s)でしたし、芯でインパクトできているわけでもありませ
ん。

参考値ということですが、その後コースでX-01R4とLS330を打ち分
けてみたときも、X-01R4のほうが飛距離が出ていたので、私にはX
-01R4が合っているのではないでしょうか。

ボールの弾道や飛距離などが瞬時に計測できるトラックマンのセン
サーを使用しました。

練習場での計測は私を含めて10人ちょっと行いましたが、私よりヘ
ッドスピードが速い人(47m/s前後)はLS330が一番飛距離が出てい
ました。

LS330は新開発のインナーカバーで高い反発性と低スピンを実現し
ているそうですが、私はその特徴を生かせていないみたいです。

LS330のほうがコアが軟らかいので普通ならスピン量は減るはずで
すが、私は逆に高くなってしまっています。

LS330が私より飛んでいる人は2000rpmをちょっと超えたくらいでしたから、私はかなりスピン量が多いみたいです。

クラブが合っていないとかの問題ではなく、スイングがドライバー
でも少しスピン量が多いのです。

こういうスイングだからかどうだか分かりませんけども、私にはX
-01R4やWFのように硬いボールが合っているみたいです。

テーマとして比較ですが、アイアンやアプローチではウレタンカバ
ーのX-01R4のほうがスピンがよくかかりますので勝ち。

ボール選びは難しくなっており、単にヘッドスピードが速い・遅い
だけでは決められない部分がありますし、飛距離よりもスピンがほ
しいと志向も人それぞれ違います。

クラブ選びだけではなく、ボール選びのときもゴルファーズドック
でスピン量などを測ってもらうのも必要かと思います。

ラウンドしたイーグルポイントGCは、メンテナンスが非常によくクラブハウスもきれいで非常に素晴らしいコースでした。
このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

リンク集
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。